先輩経営者の方からのアドバイス


ときがわカンパニー代表の関根です。

昨日(11月14日)「有料起業ラウンジ icafe」に、さっそくお客様が来てくださいました!

ときがわ町の方で、私が尊敬する先輩経営者の御一人です。iofficeの様子を、前から気にして下さっていて、お忙しい中、時間があいた日に来てくださいました。

経営者の先輩として(私にとっては、自分の父親世代の方です)多くのアドバイスを頂きました。

・お客のニーズと、店の考えの多くは、反対。
・お客の30%がはまる。それ以外の70%は捨てる。
・目的が無いと、お客は店に入らない。
・敷居が高すぎて、入りづらい。
・ブラインドは開けておく。ポスターも目の高さに貼らない。中が見えるように。
・店にあるものすべてに「これは何なの?」とお客は疑問に思う。
・店側がお客に「どんな行動をとってほしいのか」をPOP等で示す。
・起業で大事なのは「資金を作れるか」
・「顧客の満足」「会社の発展」「社員の幸福」という順番
・自分、相手、周りも良し(三方よし)
・金を儲ける前に、人を喜ばせる。そうすれば、自然とお金を持ってくる。

その中でも「店舗経営」に関するアドバイスは、その方の実践経験から、大変示唆に富むもので、早速「やろう!」と思えることが、多々ありました。

実務に裏付けられた力強いノウハウは、できる限り真似していきたいと思えるものばかりで、早速実践したものもあります。

===

その反面、「ここは、自分の考えを大事にしよう」と思える点もありました。

本当は「素直に、謙虚に、前向きに」先輩経営者の言うことを、きちんと聞くのが大事なのかもしれませんが、「ん? 俺はちょっと違うな」と思う所も正直ありました。

私の起業メンターには、こんなことを言われます。

「関根は、こっちがアドバイスしても、自分のやりたいようにやるからな~。」

言われたときは、「いえ、そんなことないですよ!」と言いましたが、多分そうなんでしょう。

「他人の言うことは、参考にはするけど、最後には自分で決める。

 他人の言うことに従うのも、自分の決断だし、従わないのも、自分の決断。

 色んな人の意見、考えを聞きながらも、最後に決めるのは、自分。」

ということを、大事にしたいな~、と改めて思った時間でした。

(先輩経営者の●さん、ありがとうございました!
 こんな生意気な後輩ですが、良かったらこれからも色々教えてください。)